ライター・構成作家です 妻・子あり 取扱品目は主に名古屋/放送/ポケモン/動物キャラ/台湾


ピンクグレープフルーツが三ツ矢サイダーになるとこうなるのね…あっちに憧れてるのかな

      2018/06/14

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

180613

 三ツ矢サイダーが今年から展開しているシリーズ商品「エクストラリフレッシュ」。「凍結粉砕」した果実のエキスを使っていることがポイントです。1月にはレモンが発売になりましたが、5月15日に発売になったのは「ピンクグレープフルーツ」です。

 どんなグレープフルーツな三ツ矢サイダーになっているでしょうか。

[広告]

 炭酸は強いです。「ブランド史上最強の炭酸感」もエクストラリフレッシュの売りですからね。「三ツ矢果汁炭酸各フレーバーにおいて最高」という意味だそうです。

 この時期にグレープフルーツなのは、「初夏に最盛期を迎えるグレープフルーツに着目」とのことで季節感ですね。まさに旬の炭酸飲料。旬の三ツ矢サイダーといえるでしょう。

180613a

 そしてなぜ、普通のグレープフルーツではなくて、ピンクグレープフルーツなのか、ですが。「炭酸飲料として目新しさがあるピンクグレープフルーツを採用」だそうで、グレープフルーツとは一線を画したということでしょう。

 飲んでみますと。おいしい。爽快。間違いないですね。

180613b

 ただ、レモンのときと同じ感想が頭をよぎります。首の長い動物の名前を思い浮かべてしまいます。あっちは、「新・炭酸エクストリーム製法」でしたっけ。

 エクストラリフレッシュVS薪炭酸エクストリーム

 最大の違いは、あっちは無果汁、こっちは凍結粉砕果実エキス。

 メッツを三ツ矢が作ったらこうなったって感じね。ああ、言っちゃった。

アサヒ飲料三ツ矢エクストラリフレッシュピンクグレープフルーツ500ml×24本

 - 食べました!買いました!

[広告]

[広告]

コメントはこちらから

Loading Facebook Comments ...

Message
掲載をお約束するものではありませんご了承ください

メールアドレスが公開されることはありません。

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

  関連記事

180614
あのコーヒーやさんが作ったカップ汁なし台湾ラーメンは湯きりがなかなか難しい

 KALDI(カルディ)コーヒーファームを運営する、キャメル珈琲のPBインスタン

180612
テレビで30分ずっとココイチのカレー見せられて 気が付いたらお持ち帰りカレーを買っていた

 かつて15年以上、テレビ東京系列で放送された人気番組「TVチャンピオン」。全盛

180610a
ぐでたまハッピーセット初登場 それチャームポイントが見えないじゃん

 どんどん放送時間が早くなって、さすがに5時台には起きていないので、録画して見る

180609b
ペプシのJコーラ ミッドナイトってどういうことだろ 青いパッケージ ブルーなミッドナイトと言えば

 以前、飲んで記事に書きましたが、ペプシからこの4月「コーラ好きのための日本のオ

180608
スガキヤのチョコ・ベリーとコーヒーゼリーの価格差はセットだと反映されていない

 ふたりでスガキヤに行きまして。やはり、スガキヤはもともと甘味処としてスタートし

180606a
こぶし街道沿いの峠の茶屋 神渕・松栄堂の見た目涼しげな和菓子いただきました

 岐阜県の中濃地区は、各地に和菓子の名物がありますが、今回は「神渕(かぶち)」で

180603
一平ちゃん夜店の焼うどん いなり寿司味…食べ慣れた味って言うけれど

 カップ焼そばといえば「一平ちゃん」派なので、新しい一平ちゃんが発売されるといつ

180602d
やよい軒に来ると根本的な違いを感じるんだよね 旅行気分になるくらいに 今回は冷汁

 お持ち帰りなら「ほっともっと」、外食なら「やよい軒」と、前世はプレナスの人だっ

180601
これは東海3県の力が融合したと言えるでしょう カルビーのポテトチップス天むす味

 少し前に買ったのですが、カルビーのポテトチップスの期間限定「天むす味」を買って

180531
スーパーカップの沖縄 島そばはコーレーグース風らしいよ!なんだろうそれ

 エースコックのスーパーカップといえば、量が1.5倍ということで学生時代の頃から