ドラゴンボール超コラボでマルちゃんの商品どうしがフュージョン 豚カレーのラーメンに赤いきつね味の焼きそば!

160609

麺づくり黒い豚カレー味(東洋水産)

ついに発売になったフュージョン麺…

 マルちゃんブランドの東洋水産と「ドラゴンボール超」がコラボした商品が発売になりました。パッケージにドラゴンボールのキャラがいるとか、何かがオマケでついているとか、そんなレベルじゃないんです。

 ドラゴンボールといえば、2人が合体する奥義「フュージョン」。「超マルちゃんキャンペーン」で募集した「フュージョン麺」が実現したのです。そう、アレとコレが合体しているのです。この年末から年始にかけて行われた「君の食べたいフュージョン麺コンテスト」から生まれたアイデアが、商品となって5月16日から登場しています。

 まずは「麺づくり黒い豚カレー」から。

[広告]

ラーメンだけでなく味噌まで合体しているのか

 ひとつめは「ドラゴンボール超 麺づくり 黒い豚カレー味」。カップめんなのに麺の食感が強い「マルちゃん麺づくり」。その「合わせ味噌」と、「黒い豚カレーうどん」がフュージョン。

 豚カレーのスープに、味噌も入って、麺は麺づくりのラーメンです。豚カレーそのものの味は安定のおいしさなのですが、そこにしっかりと利いている味噌風味。

160609a

 それを実現させるためか「フタの上で温めてから召し上がる直前に入れてください・液体スープ」と「後入れ粉末スープ・召し上がる直前に入れてください」の2つがあるんです。「食べる直前」が2つ。これはどちらを優先したらいいのでしょう。

 迷いに迷った挙句、両方の袋を開けておいて、左右から同時に入れました。たぶん、これが正解でしょう。

160609b

 フュージョンとはいえ、カレーラーメンというメニューは普通にありますよね。もちろん、豚とカレーの相性は抜群。隠し味として味噌の入った豚カレーラーメンとしへおいしくいただけました。

 違和感満載なのはもう一つの商品です。

赤いきつね焼うどんとは

 今回発売になったのは2商品。もうひとつは「ドラゴンボール超 赤いきつね 焼うどん」です。

160609c

 何がフュージョンしているのかといいますと、マルちゃんといえば昔からこれ。ダシの味が他とは一線を画し、どうしても「赤いきつね」が食べたくなってしまうくらいに個性のある「赤いきつねうどん」と、「昔ながらのソース焼そば」です。

 見た目は、カップ焼そば。しかし…蓋を開けてびっくり。入っている麺は、間違いなく赤いきつね。

160609d

カップ焼うどんなのに驚くほどに赤いきつね

 完成しました。かやくも赤いきつねですね。あの卵の固まりも入っています。問題は…味です。

160609e

 マジか…と思うほどに、赤いきつねです。味は完全に赤いきつねです。スープが無いのに赤いきつね。これ、すごい。

 逆に言うと、「昔ながらのソース焼そば」感は、四角い入れ物と焼うどんという形態しか感じられない気もしますが…、いや、それだけで充分でしょう。実はそんなことはなくて、麺のもちもち感が昔ながらのソース焼そば譲りなのだそうです。

 麺づくり黒い豚カレーはおいしく、赤いきつね焼うどんは面白い。マルちゃんフュージョンは期間限定ですのでお早めに。

[amazonjs asin=”B01FTPUI0M” locale=”JP” title=”マルちゃん ドラゴンボール超 赤いきつね 焼うどん 101g 1ケース(12食入)”]

コメントはこちらから

Loading Facebook Comments ...

コメント

タイトルとURLをコピーしました