ピザの概念…地元企業コラボピザが次第に激しくなるアオキーズ・ピザ

150930

アオキーズピザのチラシ

アオキーズの地元企業コラボ

 地元ブランドが次第に消えつつあるこの地方ですが、ピザは違います!もちろん、全国区のピザチェーンも名古屋に進出はしていますが、牙城をガッチリ守っているのが「東海地区No.1デリバリーピザ・アオキーズピザ(AOKI’S PIZZA)」です。

 その、アオキーズ・ピザがここ最近、力を入れているのが地元企業との「ご当地コラボ」です。

 これまで、豊橋市・有楽製菓とコラボして「ピザブラックサンダー」、豊橋市の赤からと「赤からコーチンつくねピザ」、名古屋市の味仙と「台湾ピザ」を発売してきましたが、第4弾と第5弾が同時に発売になりました。

 第1弾がブラックサンダーだった時点で、察しはしていましたが、もはや、ピザという概念とは何かを問いかけるような存在となってきています。

[広告]

ラーメンがピザになった

150930a

 今や、この地方を代表するご当地インスタントラーメンとなった碧南市の「キリンラーメン」。優しく懐かしい味が人気の秘密となっていますが、アオキーズ・ピザとのコラボにより誕生したのは「ピザキリンラーメン」。

 ピザ生地に、ダブルチーズ、コーン、ベーコン、エビ、マヨネーズ、モッツァレラチーズ、そしてキリンラーメンが乗っかって、写真で見ても「あ、これはおいしいかも」と思ったのですが…。

 「キリンラーメン・しょうゆ味 粉末スープ付き」

 え、そこに、粉末スープをそのままかけるんですか!

 「粉末スープはお好みの量をかけてお召し上がりください」

 その、粉末スープをお湯に溶かすことなく、口に入れた経験って無いものですからね…。お好みの量というのは、これ、感覚として難しいですよきっと。

気になるミツカンコラボ

150930b

 ピザキリンラーメンともうひとつ、今回発売になったのが、半田市のミツカンとのコラボ。「金のピザ」です。

 金のピザ?そう、金とは金のつぶ。ミツカンの納豆がドーンと乗っかったピザなのです。あくまでも金のつぶが乗っているから金なのであって、見た目に金の要素はありません。地味です。

 味のベースは、テリヤキソース、モッツァレラチーズ、チキン、からしマヨネーズ、ダブルチーズと、てりやきベースの和のチーズだなという感じなのですが…。そこに乗っかるのは納豆だけではありません。

これはピザなのか?

 トッピングされるのは、中央に納豆。それを取り囲むかのように、塩こんぶ、おもち、たっぷりのかつお節に、青のり付き。

 商品名は「金のピザ セット お好み焼仕立て」

 ああ、お好み焼イメージで、かつお節と青のりなのね。いやこれは、ピザの土台にお好み焼きが乗っかったような感じだけど、そもそも、お好み焼の中央にはこんなに納豆がセッティングされることはないし…。

 ビジュアルインパクトがすごいことには違いない。サプライズにはいいかもしれない。

 しかし、攻めるなあ…アオキーズ!

[amazonjs asin=”B008AQXUAS” locale=”JP” title=”小笠原製粉 キリンラーメン しょうゆ 6袋入り”]

コメントはこちらから

Loading Facebook Comments ...

コメント

  1. つじりゅ より:

    アオキーズのコラボピザに今ならコカ・コーラ付き(最大Lサイズに3本)は太っ腹ですね

    ところでキリンラーメンとコカ・コーラは合いますかね?

タイトルとURLをコピーしました