横浜中華街で台湾料理 排骨飯が金属のお弁当箱に入ってると気分あがるよね

180907

 横浜の中華街、どこで食事をしようか…となるわけですが、やっぱり、せっかくなら台湾らしい台湾料理を食べたいということで、ちょうちんがそれっぽく街並みもどこか台湾らしい雰囲気が漂う一角にある「状元郷」にやってきました。

[広告]

 まずは台湾ビールで乾杯です。そんなビールのお供にぴったりなのが、「シジミの醤油漬け」ですね。台湾ではお酒を飲むときに欠かせない一品といわれています。しっかりと濃い味がついていてシジミの旨みも充分。身は小さいですが、存在感は大きく、ビールと合いますね。

180907a

 つづいて「干し大根の玉子焼き」です。台湾の玉子焼きには干し大根は欠かせないそうです。こりこりとした干し大根の独特な食感と風味が、卵焼きの味わいとともに口のなかに広がります。味付けが甘くないのも特徴でね。

180907b

 そして、ここまででも充分台湾らしさを感じるのですが、このお店で台湾を最も感じるのが「排骨飯(パイコーはん)」です。骨付きの豚肉を、タレやスパイスで漬け込んで、揚げて…それがご飯の上にどーんです。青梗菜と高菜が乗ってるのもさすがです。

180907c

 味付けも食感も台湾そのものなのですが、ポイントは器です。金属の弁当箱に入って提供されます。やっぱりこれですよね~。

180907d

 今回はこれだけにしましたが、ルーロー飯や台湾腸詰め、台湾タケノコの冷菜なんてのも気になるところです。店内の雰囲気もよくて、向こうの言葉が飛び交っているのもオススメです。横浜中華街で台湾を感じる食事のひとつとして「状元郷」ぜひぜひ。

[amazonjs asin=”4416716338″ locale=”JP” title=”台湾かあさんの味とレシピ: 台所にお邪魔して、定番の魯肉飯から伝統食までつくってもらいました!”]

コメントはこちらから

Loading Facebook Comments ...

コメント

タイトルとURLをコピーしました