記事書いたり 脚本書いたり FMラジオで喋ったり 名古屋/放送/ポケモン/動物キャラ/台湾


中日新聞のラジオ・テレビ欄に載らなかったInterFM NAGOYA

      2014/04/22

140416

中日新聞ラジオ欄・愛知版(4月1日)

InterFMが開局して半月、掲載される気配なし

何気なく目にする新聞のラジオ・テレビ欄。

名古屋で放送に興味のある人なら知っているでしょうが、
この4月1日に、東京のInterFMの名古屋局、
InterFM NAGOYAが開局しました。

しかし…中日新聞のラジオ欄には掲載される気配がありません。
また、予算面からPR活動もほとんど行われておらず、

これでは、一般の人がInterFMの存在を知る機会は皆無といえます。

なぜ、ラジオ欄に掲載されないのでしょう?

そもそも、中日新聞のラジオ・テレビ欄とは、どういう存在なのでしょうか。

[広告]

まず大前提ですが、中日新聞のラジオ・テレビ欄は、

「この地方にあるラジオ・テレビの番組を平等に紹介するページ」
ではありません。

「中日新聞系列のラジオ・テレビを紹介するページで、
それだけだとさすがに露骨だから他のメディアも一応掲載するページ」
です。

なぜそんなことが言えるのかというと、
愛知・三重・岐阜のテレビ欄を見比べれば、
それはすぐにわかります。

地上波のテレビ局のみの話をしますが、

中日新聞の愛知版は、左から、
「NHK総合(3)、NHKEテレ(2)、CBCテレビ(5)、東海テレビ(1)、
テレビ愛知(10)、メ~テレ(6)、中京テレビ(4)」となっています。

さて、これは何の順番でしょうか。
どう見ても、チャンネル順ではありませんよね。

これは
NHK→中日新聞系列のテレビ局を開局順に→他の資本のテレビ局
という順番になっているのです。

中日新聞系列のテレビ局とは、
CBCテレビ、東海テレビ、テレビ愛知です。

左にNHK、右に他の資本のテレビ局を配置することによって、
中日新聞系列のテレビ局が中央にドーンとくるように
配列されています。

つづいて、中日新聞の三重版は、左から、
「NHK総合(3)、NHKEテレ(2)、CBCテレビ(5)、東海テレビ(1)、
三重テレビ(7)、メ~テレ(6)、中京テレビ(4)」となっています。

テレビ愛知のところが三重テレビに入れ替わっています。
テレビ愛知は、愛知県だけをエリアとするテレビ局なので三重県版ではどかされ、
そこに、中日新聞系列の三重テレビが入れられており、
構図としては愛知版と全く同じになっています。

問題は、中日新聞の岐阜版です。左から、
「NHK総合(3)、NHKEテレ(2)、CBCテレビ(5)、東海テレビ(1)、
メ~テレ(6)、中京テレビ(4)、テレビ愛知(10)」なのです。

あれ?テレビ愛知は、
愛知県だけをエリアとするテレビ局のはず。
なのになぜ?

そして、ぎふチャン(8)は?

実は、ぎふチャンは下部にまるで他県のテレビ局かのように、
小さく小さく掲載されているのみ。

ぎふチャンは岐阜新聞系列。
本来のエリアであるにもかかわらず、
ライバル社傘下のぎふチャンを小さく追いやるために、
本来はエリアではないテレビ愛知を大きく掲載しているのです。

このことから、
中日新聞のテレビ欄というのは、
あくまでも、中日新聞の系列メディア紹介であることがわかります。

一方のラジオ欄です。

ラジオ欄も、愛知・三重・岐阜でそれぞれ異なるレイアウトとなっており、

かつて愛知版では、現在のぎふチャン・岐阜放送ラジオについては、
昭和50年代に入るまで非掲載で貫きました。

ところが、静岡県に中日新聞系列のFM静岡が開局すると、
東三河では聞けるために、
それを愛知版に掲載することになったのですが、

静岡を掲載するのに岐阜は掲載しないのは、さすがに問題になると思ったのか、

昭和50年代後半になると、愛知版のラジオ欄に、
岐阜放送ラジオとFM静岡を掲載するように。

ところが、FM静岡がハーフサイズであるのに対し、
岐阜放送ラジオは極小サイズ、

しかも当時、名古屋では岐阜放送ラジオは混信のために、
「夕方まで」しか聞けない局であったにもかかわらず、
「夕方から」の番組しか掲載しないという、
露骨なまでの徹底した、
中日新聞系列メディアの掲載最優先方針を貫いたのです。

その後、FM三重やZIP-FMの開局などによるFMの多局化で、
さすがにFM静岡は掲載されなくなり、
2000(H12)年にRADIO-i(愛知国際放送)が開局すると、
RADIO-iは中日新聞資本であったことから、
FM AICHIやZIP-FMと同じくフルサイズで掲載されるように。

岐阜放送ラジオについても一応改善され、
サイズは極小のままでしたが、
丸一日の番組が掲載されるようになりました。
とは言え、たった9行に全番組が書かれているわけですから、
内容なんかさっぱりです。

ところがここで、想定外のことが起きるのです。

RADIO-iが2010(H22)年9月末で閉局。
ポッカリとフルサイズが1つ空いてしまったのです。

そこでようやく中日新聞は、
かつての岐阜放送ラジオ・ぎふチャンをハーフサイズに昇格。
ラジオNIKKEIもハーフサイズにすることで、
RADIO-iの穴を埋めたのです。

他にも、中日新聞夕刊のテレビ欄でも、
愛知版は長年、三重テレビをフルサイズで掲載し、
岐阜放送テレビに関しては一切存在を無視

完全地デジ化された2011(H23)年7月にようやく、
三重テレビをハーフサイズにし、
ぎふチャンテレビもハーフサイズで掲載するようになったりですとか、

中部日本新聞が中日新聞に改名した際に、
中部日本放送(CBC)が「中日放送」にならなかったことへのあてつけとして、
数十年に渡って勝手に「CBC中日」と表記し続けたりと、
中日新聞のラジオ・テレビ欄にまつわる面白エピソードは枚挙に暇がありません。

若干逸れましたが、
中日新聞のラジオ・テレビ欄が、
系列ではない放送局にいかに冷たいかが、
ご理解いただけたと思います。

で、InterFM NAGOYAです。

InterFMは株式会社木下ホールディングスの100%完全子会社です。
中日新聞とは何の縁もありませんし、
東京のラジオ局がそのまま名古屋に進出するという、いわばショバ荒らしです。

中日新聞は、名古屋で8割、愛知県で7割のシェアを誇ります。
他の地域で言われる、新聞が落ち目とは無縁の世界です。

中日新聞に載らないということは、
名古屋では存在しないも同義です。

もし、InterFMが、
「開局すれば普通に載せてくれるだろう」と思っていたのなら、
それは「偉大なる田舎」「日本一大きな村」である名古屋を
ご理解いただけていなかった・・・と言わざるを得ませんし、

まさに、そういう結果になっていますね。

え?
中日新聞はInterFMの開局を知らなかったのじゃないかって?

そんなわけはありません。

中日新聞は、昨年12月13日の夕刊で、
ピーター・バラカン氏の著書を取り上げ
「エフエムインターウェーブは名古屋に春、新たなFM局を作る。期待大だ」
という記事を掲載しているのです。

4月2日に至っては、
InterFM NAGOYAの開局記事を掲載しておいて、
それでもラジオ欄はスルーですからね。

せめて開局日に「InterFM NAGOYA開局!」って広告を、
中日新聞に出しておけば、違ったんじゃないでしょうかね…。

名古屋に進出するにあたって、
中日新聞に広告を出さないということは、
名古屋における中日新聞の力を軽んじられたと同義…
と、みなされたのかもしれませんね。

かつてのFM DANVOから、最近では一宮のi-waveと、
コミュニティFM局でさえも、開局日だったりサイマル初日には、
中日新聞のラジオ・テレビ欄に広告出してますからね。
それが、村のお付き合いというものなのかもしれません…。

追記:ようやく21日から、InterFMNAGOYAも小さく、
中日新聞のラジオ欄に載るようになりました。
村の仲間入りができたんですね。
どういう手を打ったのかはわかりませんが、めでたしめでたし。

 

あ、私の共著「名古屋あるある」は、
出版社の方から中日スポーツに一度、広告出させていただいておりますからね。
よろしくお願いいたしますよ。中日新聞さま。

時流の先へ 中部財界ものがたり

 - メディアの話

[広告]

[広告]

コメントはこちらから

Loading Facebook Comments ...

Comment

  1. 一発家談笑 says:

    インターFM名古屋のラジコは聞けるのでしょうか?私のまわりにはラジオよりもラジコで聞いている人が多く、またインターFM名古屋は聞こえないとネット上でみかけます。新聞もさる事ながら、ラジコで聞けないというのは、ただでさえ出力が弱いので、カバー仕切れていないようにおもえるのですが。

  2. アイ・フロッグ says:

    InterFM名古屋の、個人的受信状況です (すべて、愛車のカーステレオを使用) 。
    まず、名古屋市内・守山区吉根 (竜泉寺と志段味の中間) イオンモール守山店の平面駐車場にて。
    FM AICHI・ZIP-FM・NHK名古屋は文句なくSINPO=55555ですが、InterFMは時折ステレオでの復調が断続的となるため、その分をSINPOの「P」=4として、SINPO=55544。
    次に長野県飯田市の、某ホームセンター駐車場にて。
    実は私自身、芝公園から送信されていた頃のJ-WAVEを飯田市内で受信したことがあり、当時の受信状態はSINPO=35353。さすがに信号は弱かったものの、連続してステレオ復調が可能でした。もっともその頃と今回では、愛車そのものが (カーステレオも) 違いますが。
    本題に戻って、飯田で受信できたInterFMは八事からの電波でSINPO=25352。さすがにこれではステレオでの復調は無理でした。さらに、八事からの他の民放2局もやはりSINPO=25352。ステレオでは聴けません。
    一方、東京の民放では、まずTOKYO FMがSINPO=25342 (ステレオ復調不可) 。芝公園の送信設備を一新したとはいえ、やはり絶対的な位置は如何ともしがたいですね。ちなみに、同じく芝公園からのInterFMは全くダメ。業平橋からのJ-WAVEはSINPO=25242 (ステレオ復調不可) 。送信アンテナの地上高が芝公園の最高部よりも高い分、ERPがTOKYO FMと同じなら・・・この辺りは興味深いですね。なお、飯田では82.5MHzのNHK-FMも受信できましたが、復調されるのは八事からの電波でSINPO=24242 (ステレオ復調不可) 。やはり業平橋からの混信を伴っていました。
    よそのブログなどを見る限りでは、InterFM名古屋の電波は三重県の鳥羽市でも入感するようですが、信州飯田におけるInterFMは、やはり名古屋の民放局の一つということになるのでしょうか。

  3. トッピー@管理人 says:

    >一発家談笑さま

    radikoはお金もかかるでしょうし、
    まだ、決断されていないみたいですね。
    もちろん、有料のradikoプレミアムに加入すれば、
    東京のInterFMを名古屋で聴くことも可能ですが…。

    >アイ・フロッグさま

    情報ありがとうございます。
    飯田って名古屋のFMよりもFM三重の方が入ったりしますよね。
    鳥羽での受信もそうですが、
    やぱり送信もしくは受信のどちらかが海というだけで、
    電波環境は格段に違う感じがありますね。

Message
掲載をお約束するものではありませんご了承ください

メールアドレスが公開されることはありません。

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

  関連記事

180901
名古屋でテレビ東京系列が見られるようになって35年ですね

 9月1日は、わが娘の誕生日でもあり、テレビ愛知の開局日でもあります。今から35

180919a
どっちのファンに向けた広告なのか…すぐにわかりました太田胃にゃん

 日曜日、BS日テレでプロ野球中継「中日×巨人」の試合を見ていましたら、バックネ

180512
春日井の中央線敷設をめぐる謎解きラジオ特番が放送されます

愛岐トンネル群  いよいよ明日、脚本を担当した東海ラジオの特別番組が放送されます

180403
壁が崩れた日 CBCラジオ制作のドラゴンズナイターがぎふチャンラジオで流れた

岐阜新聞・岐阜放送と黄金の信長像 岐阜放送ラジオがナゴヤドームの中日戦を流す!?

180407
三重テレビがナゴヤドームの中日主催試合を放送する理由できる理由

MTV三重テレビのカメラ(ナゴヤドーム) 三重テレビが中日・巨人戦を中継  4月

171227
東海テレビの新キャラクター・イッチーの色あいがどうしてもあのキャラを思い出させる

イッチー 東海ラジオに打ち合わせに行ったのです  東区にあるラジオ局に打ち合わせ

171209
取材してほしいところに行ってくれる権利が当たる?名古屋のラジオ局の異色な懸賞

東海ラジオのスタジオ ラジオ局にとって勝負の一週間  リアルタイムで数字が出るテ

171120
そのヒゲのおじさんは誰?と言われる日も近い?明治のクリスマスこども大会

クリスマスこども大会の告知 そのおじさんは…  少し前の話になるのですが、今月上

gbs
radikoのタイムフリーによって失われた岐阜のAMラジオの伝統

ぎふチャン(岐阜放送) いつでも聴きなおせるラジオ  スマホやパソコンで民放ラジ

171020
エディオンに提供ミニ番組のポスター その源流はエイデンの頃のあれかと思ったら…

中川家 家電の流儀 ポスター エディオン提供のミニ番組  先日、家電量販店のエデ