燃費の差は技術の差…と聞いて思い出すのはプレゼントに応募できない昭和の最先端テレビ番組

mietv

三重テレビ放送

「燃費の差は技術の差」

 20日に明らかになった、三菱自動車による燃費偽装。約10車種に上るということで大きな衝撃となっています。

 そんななか、ツイッター上ではかつての三菱自動車のキャッチフレーズ「燃費の差が技術の差」が話題になっています。

 このキャッチフレーズは今から36年前の1980(S55)年に使用されていたものなのですが、これを聞いて思い出すのは、応募できなかったテレビ番組です。

[広告]

サイコロをふって豪華商品ゲット

 3つのサイコロをふって、出た目で商品をプレゼント。運がよければ車が当たってしまう、それが関西テレビの「ノンストップゲーム」(1980.4~1989.3)。

 まずは商品の価格を当てるプライスクイズに挑戦して、3人うちトップで勝ち抜ければサイコロゲームへの挑戦権獲得。

 3つのサイコロを振るのですが、「3から10」の「小」と、「11から18」の「大」。大か小を選んで、出た目がその選んだほうであれば商品をゲットです。

 たとえば「大」を選んで、振ったサイコロが「4・6・6で16~」となれば、「16」のパネルの商品、「毛皮買うならミネット」の毛皮をもらえた上に…。

 さらにサイコロを振り続けることができ、続けて商品をどんどんゲット!という、夢のような番組でした。

160422

三菱自動車工業名古屋製作所(愛知・岡崎市)

大か小かが外れたら視聴者プレゼント

 一方で、視聴者は好きな数字を書いてハガキを送っておくと…。

 「大」を選んだにもかかわらず、「1・3・3で7~小~」となったら残念。あらかじめ視聴者から送られてきたハガキの「7」から1枚選んで電話。電話に出て、商品名を言うことができれば視聴者プレゼントという、生放送の特性を生かした、昭和の最先端双方向テレビ番組でした。

 そんなノンストップゲームで、「3」か「18」のパネルにあったのが車。その紹介がこうだったのです。

「小の3!大の18!『燃費の差は技術の差!』 近畿三菱ランサー販売から ランサーフィオーレ1300CCプレゼントー!」

エリアの差は…

 ところが。

 そんな、生放送の特性を最大限生かした番組だったにもかかわらず、東海地方での放送は「録画」。

 三重テレビでは「◆録画放送のためプレゼントは無効です」というテロップが何度も登場し、視聴者参加番組なのに参加できないという、フラストレーション満載な番組、それが、ノンストップゲームでした。

 なぜ放送されていたのかはわかりませんが、「伊勢銀座新道商店街」の提供枠でしたので、その、スポンサーの意向があったのかもしれません。

 燃費の差は技術の差、ならぬ、エリアの差は視聴者格差ですね。

[amazonjs asin=”B0043YJI4S” locale=”JP” title=”浪花のモーツァルト キダ・タローの ほんまにすべて”]

コメントはこちらから

Loading Facebook Comments ...

コメント

タイトルとURLをコピーしました