記事書いたり 脚本書いたり FMラジオで喋ったり 名古屋/放送/ポケモン/動物キャラ/台湾


東北に花火を…名古屋でのサポートイベントに行ってきました

      2013/11/19

写真
2011年3月11日に発生した東日本大震災。
地震と津波によって多くの命が奪われました。
被災地と呼ばれた地域は、
日々の生活さえままならず、
祭りや花火といった行事は、
自粛どころか、物理的に行うことができない…。
そんななか、

[広告]


本来の花火の意味である「追悼」と「復興」
その意味をこめた花火大会を、
東北の地で開きたい。
しかもそれを、地元の人たちの力によって、
東北の太平洋沿岸の町々で、一斉に開きたい。
その思いを形にしたプロジェクト、
「東北を、日本を、花火で、元気に。LIGHT UP NIPPON」
地震から5ヶ月後の8月11日に、
東北各地で一斉に花火大会を…と活動され、
東日本大震災が発生した2011年には10ヶ所で、
そして昨年2012年には13ヶ所で花火大会を行い、
東北の人々に笑顔をもたらす花火となっています。
しかし、これを継続して行うためには、
多額の資金が毎年必要になります。
一過性のものでなく、継続したものとしたい。
特に、地震に関して、長い間大きな被害も無く、
なかなか実感として感情をもちにくい名古屋から、
このプロジェクトに力を届けられないかと、
あま市在住のCGクリエイターで、
LIGHT UP NIPPON名古屋サポーター・ヤマシタヒトシさんによる、
「LIGHT UP NIPPON
サポートドキュメント映画上映会&ライブイベント」に
行ってきました。
写真
会場は、名古屋初のコワーキングカフェ、
「Fleuve cafe(フルーヴカフェ)」
とても素敵なスペースだったのですが、
今月いっぱいで閉店とのことで、残念です。
さてそのイベントですが、
まずは、第1回の開催までを追った、
ドキュメンタリー映画の上映。
様々な困難、壁、逆の考え方、規制、そしてお金の問題に
ぶつかりながらも、東北に花火を届けたい、
そのまっすぐな思い、伝わってきました。
そして後半は3組によるチャリティーライブ。
1組目は、小牧を拠点に活動している、
ギターユニット「OverLife(オーバーライフ)」
優しくあたたかいハーモニーが、
東北を思う気持ちを増幅させてくれました。
写真
2組目は、篠笛とピアノが織り成すポップスユニット
「星空ラマン」
笛の音色も、鎮魂そして追悼という役割もありますものね。
そこにピアノの美しい音色が重なり、
なんといったらいいのでしょう。
日本の心の風景が自然と目の前に広がるといいますか、
ああ、この国に生まれてよかった…と、
そんな気持ちにさせてくれる演奏でした。
写真
ラストは落語家の柳泉亭くすりさん。
三重県の鈴鹿市を拠点に活動されていまして、
今回は人情話の「一文笛」。
お金の価値。同じお金でも、もつ意味によって
お金は変わる…今回のイベントにはぴったりの演目でした。
写真
今年の8月11日は、東北だけでなくさらに、
札幌や島根でも、同じ日に震災への追悼と復興の祈りを込めた
花火大会が開かれるとのことです。
しかし、やはり一番の問題はお金。
このイベントに参加することで、
少しでもその力になれるのなら、それは嬉しいことです。
この日は、その花火大会で実際にうちあげられる、
花火の上貼紙にメッセージを書く企画もありまして、
私もひとつ、書かせていただきました。
名古屋からの思いが、届きますように…。
写真
花火大会の当日は、
名古屋でもパブリックビューイベントが開催されるとのことで、
中区の「DreamCube」にて、
花火の映像とともにライブ演奏も楽しめるそうです(1,500円)。
なお当日は、夜7時から、
TOKYO FM、FM岩手、Date FM(FM仙台)、ふくしまFMにて、
各開催地を結んだ特別番組も放送されるとのことです。
また、チャリティソング
「Light Up Nippon~空に花、大地に花~」が先月、
FMらら も含む全国各地のコミュニティFMにて、
Weekly Recommendで放送されました。
ヤマシタさんのお話にもあったのですが、
正直なところ、
震災のことを毎日思い出す…とは
言いがたいところがあります。
名古屋という街は、近いうちに地震が来ると言われてはいても、
実感が無いといいますか、
被害の想像すらできない…。
でも逆に、そんな街だからこそ名古屋から、
東北にできることがある、まさにそうなんですよね。
遠く離れているからこそできること。
これからも、それをできる範囲で、
継続して思い続けていくことが大切なんだなと。
花火が元気に繋がることを祈って…。
おすすめリンク
LIGHT UP NIPPON

 - おでかけ

[広告]

[広告]

コメントはこちらから

Loading Facebook Comments ...

Comment

  1. 川合さん、ご紹介いただきましてありがとうございます!
    1回のイベントからLIGHT UP NIPPONが東海エリアにこんなに
    広く伝わるとは開演前は思ってもいませんでした。
    これも“伝える”という思いに参加されたみなさんが
    ご協力いただけたおかげだと思っております。
    これからもLIGHT UP NIPPONを広く伝え
    東海エリアで、そして日本全国で
    鎮魂、追悼、復興を願い花火を打ち上げ
    思いを東北へ届け続ける
    という目標を実現するために頑張ります!

  2. ヤマシタヒトシさま コメントありがとうございます
    当日はお疲れさまでした。
    これまでこの活動について詳しく知らなかったのですが、
    名古屋からの応援が、形として届くといいですね。
    活動、大変かと思いますが、頑張ってください。
    この地方にも動きがもっと広がることを願っております!

Message
掲載をお約束するものではありませんご了承ください

メールアドレスが公開されることはありません。

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

  関連記事

180925c
モーリーファンタジーのララちゃんの世界観の統一と裏腹に忙しんだねララちゃん…

 イオンファンタジーが展開するゲームセンター「モーリーファンタジー」には、ララち

180921a
老舗イオンの風格すら漂い始めたアイ・モール三好にはオリジナルキャラがいる

 尾張と三河の境目がどこにあるのか、特に長久手・日進・東郷・三好のあたりは入り組

180909
かつての江戸越えの村にある神社の例大祭と商店街で活気を感じてきました

 かつて小学生の頃、旅先の北陸でふと見かけたお祭り。そこで感じた情緒と縁。それ以

180502
大雨のなかポケットベジを飲みながら東京へ 到着したらきらぼしになってた

充実野菜ポケットベジ スーパー量販店用(伊藤園)  娘が幼稚園から帰ってくるのを

180503h
東京ドームシティでしまじろうのまほうのゆうえんち ドンチャックってここだったのね…

東京ドームシティアトラクションズ  やってきました、東京ドームシティアトラクショ

180504c
犬山家が勢ぞろいすると聞いてハーバーシティ蘇我に行ってきたよ

ハーバーシティ蘇我  千葉市の海辺にある大型ショッピングセンター「ハーバーシティ

180120b
子ども向けコンテンツをナゴヤドームで満喫 ブースに引き寄せられる…

 日本最大級の子どものための展示会がコンセプトの「次世代ワールドホビーフェア’1

1801312
30年前のきょう 開業した愛知環状鉄道に乗車して記念きっぷを買ったのでした

愛知環状鉄道(1990年撮影) 国鉄岡多線がようやくやってきた  岡崎と春日井の

171230
年末の買い出しはトライアルで 福岡色があるかと思ったら全然地場商品だった

スーパーセンター トライアル 岐南店 買い出しに気になっていたスーパーへ  大み

171225d
円頓寺の金銀銅三英傑像の扱いの思惑とカフェドリオンのクリスマスケーキ

カフェドリオンのクリスマスケーキ クリスマスでもこだわり材料で時間に合わせて手作