温めても半熟が維持されるコンビニのイタリアンスパ

150109

イタリアンスパゲティ(サークルKサンクス)

名古屋の喫茶店の味ですね

 以前サークルKで、名古屋あんかけスパゲティ(ミラカン)を買ったという記事を書きましたが、名古屋でスパゲティといえば、あんかけともうひとつ、忘れてはいけないのが「イタリアンスパ」ですよね。

 するとなんと、サークルKで今度はイタリアンスパを発見。さすが地元色満載ですね!と思ったのですが、

 イタリアンスパをコンビニで買うというのは、あんかけスパゲティと違って不安要素が伴います。

[広告]

 イタリアンスパゲティとは、名古屋の喫茶店では定番メニューとなっているもので、鉄板に溶き卵が敷いてあるところに、ナポリタンのスパゲティが乗っているというものです。

 鉄板上に溶き卵が乗っていることで、次第に半熟から固まりかけていく、液体と固体の間の状態の卵に、スパゲティを絡めるのが醍醐味なわけです。

 いわば、調理しながら食べるようなもの。

 そんなイタリアンスパを、プラスチックの容器で、しかもレンジで温めて、おいしくなんてできるの?という不安要素です。

 ボリュームたっぷり、ソーセージも入っていて、見た目には喫茶店のモノと遜色ありません。

 レンジで温めると…これが不思議。

150109a

 レンジで温めているのに、卵はなんとなく半熟状態。それが保たれているのです。あの液体と固体の間の状態の卵にスパゲティを絡めて…がちゃんと再現されています。

 よく、再現してますね。

 まあでも、鉄板ではないので、じゅうじゅう調理しながらとはいきませんが、味の再現度としてはかなりいい出来でした。

[amazonjs asin=”4806148628″ locale=”JP” title=”日本全国 懐かしくておいしい! ナポリタン大図鑑”]

コメントはこちらから

Loading Facebook Comments ...

コメント

タイトルとURLをコピーしました